102*世界一のごちそう(森のレストラン)

1995年頃から、シルバニアファミリー商品にオマケ的に
付属しているミニ絵本が、“森のおはなし”です

全商品に付いているわけではなく、一応ナンバー表記があるので、
ナンバーを頼りに集めてみたのですが、正式なリストやカタログ
は存在しないので、謎も多いです。

森のレストラン付属の森のおはなし 『世界一のごちそう』
森のおはなし102   

森のレストランは1993年発売なので、発売当初は、
森のおはなしは付いていなかったはずで、
1995年以降に発売された商品に付いていたと思われます。
 (我が家のレストランは中古です)

レストランのおはなしナンバーは、102
お人形のおはなしがナンバーから始まっているので、
ナンバー101からが建物のおはなしだなと思い、ナンバー101
おはなしを探したのですが、結局インターネットの画像でも見たことは
ありません。

発売順からすると、森の雑貨屋さんではと思うのですが、雑貨屋さん
のおはなしって、存在するんだろうか…謎です


森のおはなしのページをめくると、表紙の裏はおなじみのフレーズ
緑の山をいくつも越えて~~です。
森のおはなし102-2 

気になる『世界一のごちそう』のストーリーは…
ある日、シマリスさんのレストランに、クマのお父さんがやって来て
来週の日曜日の奥さんの誕生日パーティーに、世界でいちばんおいしい
お料理を注文予約 します
シマリスさんは、どんなお料理がいいかと、試作&試食をくり返したり、
奥さんにそうだんしたり…悩んでしまいます。
結局、フクロウさんに相談して教えてもらったレシピで作ったメニューは…
いつもの得意料理、きのこのシチューでした
もちろん、クマさん達はその世界一のおいしさに大満足でした

森のおはなし102-3 
こんな感じでイラストも入っています

森のおはなし102-4 
最後のページには、ちゃんと作家さんのお名前などが記されています

いつか、“森のおはなし”のワンシーンを再現してみたいな

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

103*ないしょのプレゼント(森の仕立て屋さん)

森の仕立て屋さん付属の森のおはなし、『ないしょのプレゼント』
森のおはなし103 

ストーリー

1年で1番月のきれいな夜に、毎年シルバニア村では
ダンスパーティーが開かれます

その日はみんな、おめかしして集まるので、
仕立て屋さんのウサギさんは、大はりきりでみんなのドレスを
作ります。 が…自分のドレスは後回し。
ウサギさんは去年もその前も同じドレスでした
 
そんなウサギさんに、差出人のわからないお手紙で、
“世界一すてきなドレス”の依頼がきました

きっと、誰かのないしょのプレゼントだと思ったウサギさんは
はりきって、そのドレスを作りました

ところが、依頼主はパーティーの日になっても、ドレスを
とりに来ません…。
不思議に思っていると、ウサギさんの子ども達がやって来て
言いました。「このドレスを注文したのはあたし達なの」
いつも同じドレスを着ているお母さんへ、子ども達からの
プレゼントなのでした

森のおはなし103-2 

ウサギさんはびっくりしましたが、とても喜んで、
世界一すてきなドレスを着て、パーティーへ行くことにしました

やっぱりうちのお母さんは、世界一きれいだな…と思う
ウサギ君とウサギちゃんでした

もりのお話103-3  

1年で1番月のきれいな日って、やっぱり秋でしょうか
ダンスパーティーだなんて、おしゃれですね
ダンスパーティーのシーンをを再現するには、ドレスや
スーツを大量に作らなければいけませんね…
い、いつか頑張るぞ~

続きを読む

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

105*新しい仲間(赤い屋根の大きなお家)

赤い屋根の大きなお家 付属の森のおはなし『新しい仲間』
森のおはなし105 赤い屋根の大きなお家 

ストーリー

シルバニア村のウサギさんの所に遠くの町に住むお友達から、
お手紙が届きました

そこには、
「今度ぼくの友達一家がシルバニア村に引っ越す事になりました。
仲間になってあげてください。…」と書かれていました。
ウサギさんは、その手紙を村のみんなに見せました。
そして、村のみんなは、新しい仲間のために家を用意してあげることにしました。

ところが、どんな家族が引っ越してくるのか、誰にもわかりません。
何人なのか、体は大きいのか、空を飛べるのか…

そこで、物知りのフクロウさんに相談すると、新しい家の建て方が
書いてある本を読んでくれました。

新しい家を建てるとき、一番大切な事、
それは自分が住みたいと思う家を建てる事…。
「そのとおりだね
という事で、みんなで手分けして、自分達が住みたいと
思える家を建てる事になりました。

森のおはなし105赤い屋根のお家3 
こうして、新しくて住みやすそうなお家ができあがりました


まもなくして、新しい一家がやってきました。村のみんなは一目で
アライグマ一家が気に入りました。
家に案内されたアライグマ一家も、一目見るなり
嬉しそうに言いました。
「よかった、この家なら、みんなで集まるのにちょうどいいね

みんなは大喜びして引越しを手伝って、さっそく新しいお家で
パーティーを開きました
森のおはなし105赤い屋根の大きなお家

すごいですよね~、家をプレゼントしちゃうなんて
みんなで建てた自慢のお家と言われるこのお家、
本当に長い間販売していたみたいですね

さて、今日は森のパン屋さんの写真を撮りました
明日は記事にできますように
 

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

109*元気の出るパン屋さん(森のパン屋さん)

森のパン屋さん~テラスで召し上がれ~付属の森のおはなし『元気の出るパン屋さん』
 森のパン屋さん 森のおはなし1

ストーリー

シルバニア村の新しい住人、ネコさんはパン作りの名人
ネコさんがパンを焼くと、村中にこうばしい匂いがただよいます。

そんなある日、ウサギちゃんが、風邪で寝込んでいるおばあさんに、
ネコさんの焼いたパンを食べさせてあげたいと、ネコちゃんにお願いしました。

それを聞いたネコちゃんのお父さんは、心をこめてパンを焼いてくれました。
 森のパン屋さん 森のおはなし2 
パンを食べたウサギのおばあさんは
「ぐんぐん元気が出てきそうよ」と、喜びました。

その翌日、今度は、赤ちゃん広場のお世話係、アライグマのお母さんさんが
ケガをして広場に来られないので、元気をなくしている赤ちゃん達にも、
パンを配りました
ひと口食べて、赤ちゃん達は元気いっぱい。
もちろん、アライグマさんの家にも持って行き、
アライグマさんも、とても喜びました。

その話を聞いた村の仲間達も、みんなネコさんのパンが食べたくなりました。
そこで、ネコさんはパンを沢山作って、村中のみんなに配ったのです。
ネコさんのパンは大評判になりました。

そんなある日、シマリスさんがネコさんに
「パン屋さんを開いたらどう?」と提案しました。
これには、みんなも大賛成
さっそく、みんなが協力して、ネコさんのパン屋さんを建てました。

いよいよ開店の日、子ども達は歓声を上げてパン屋さんになだれ込みました。
棚には木の実パン、チーズパンにチョコレートパン、パイやタルトも並んでいます。

2階にはテーブルとイスが置いてあり、ここではおしゃれなティータイム
楽しめると、お母さんたちに大好評です。
 森のパン屋さん 森のおはなし3

こうして、今日もシルバニア村は、おいしい匂いに包まれています
森のパン屋さん 森のおはなし4


“ネコ”の表記になっているのは、この時期には他にネコがいなかったので、
区別する必要がなかったからです。後々、ミケネコという呼び名になりましたね

“ウサギ”も、この時期には1種類でした…かあれ
グレーウサギとアイボリーウサギがいたはずなのに…。
まあ、どっちでもいいですね

ミケネコさん一家は、お母さんの希望でシルバニア村に移住したのかなぁ、
と思わせるエピソードがありますので、そのうちにまたご紹介しますね

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

7~9*グレーウサギファミリー 前編

グレーウサギファミリーの森のおはなしをまとめてご紹介しますね
 
…マニアックすぎる誰も興味ないかも…まあ、読み飛ばしちゃってください

7*村の記念館(お父さん)
森のおはなし グレーウサギお父さん

ようせい沼のほとりに、小さくて古い丸太小屋があります。
これは、村で一番初めにできた丸太の家です。
シルバニア村では、この小屋に昔の道具やかまどを保管し、
記念館として大切にしています

でも、この丸太小屋、子ども達にとっては楽しい遊び場になっているらしく、
グレーウサギの男の子は今日も遊んでいた所を
お父さんに見つかって怒られました

でも、実はお父さんも昔はこの小屋で遊んでお父さんに叱られていたのですって…
(省略してあります)


この丸太小屋記念館は、いつか作りたいですね~


8*ラベンダーのテーブルクロス(お母さん)
森のおはなし グレーウサギお母さん
グレーウサギのお母さんは、はたおりが大好きです
ある時、シルバニア村で手作り作品コンクールが開かれることになりました。

そこで、グレーウサギのお母さんはコンクールに出す為に、何週間もかけて
お花畑模様を織り込んだ素敵なテーブルクロスを仕上げました。
そしてコンクールまでの間、居間に飾っておきました。

ある日、子ども達がそのテーブルクロスにぶどうジュースのような
シミが付いているのを見つけます
赤ちゃんの仕業だと早とちりした二人は…。

最後はちゃんと、めでたし、めでたしで、お母さんのテーブルクロスが優勝します
素敵なラベンダー色のテーブルクロスだったそうですよ


9*ウサギくんのねがいごと
森のおはなし グレーウサギ男の子
ある日、グレーウサギくんが一人でどんぐり山のふもとからキラキラ湖のほとりまで
散歩していると、りんご岩の上に美味しそうなケーキがのっていました。
もう暗くなるというのに、なぜこんなところに
ちゃんとフォークとナプキンまで付いています

りんご岩には森の神様が時々腰掛けると言われているので、
神様がくれたのかも?と思い、グレーウサギくんは食べてしまいますが…

実は、リスちゃんが願いを叶えてもらうために、神様に捧げたのだとわかり…。
ケーキを食べてしまったグレーウサギくんが、みんなに内緒でリスちゃんの願いを叶えます。

そのうわさが広まって、グレーウサギくんはますます大変なことに
最後に困ったグレーウサギくんを助けてくれたのは、おばあさんでした
みんなの誤解も解けて、めでたし、めでたし

森のおはなしを読むと、村の事がいろいろとわかって、楽しいです
続きは後ほど

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ひろり~ず

Author:ひろり~ず
北国在住。
シルバニアファミリー歴、
16年目になりました。
なかなかマメな更新ができませんが、
どうぞよろしくお願いします♪

シルバニアファミリー同盟
シルバニアファミリー同盟

ミーシャさんが管理されている
シルバニアファミリー同盟に参加しています♪

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アライグマくん設計中♪
アライグマくん 設計中♪
雑貨屋さん♪
森の雑貨屋さん グレークマ
編み物♪
編み物♪
教会♪
村の教会
ホームパーティー♪
森のお家 森のおはなし
マーケット♪
森のマーケット クマさん
りんごの木♪
森のお家 グレーウサギ夫婦
おとぎの紙芝居♪
紙芝居 おとぎの馬車
空に浮かぶ城♪
空に浮かぶ城
ユニット♪
階段ユニット
花束♪
花束
わんぱく校庭セット♪
わんぱく校庭セット シマリスくん
つり♪
わいわいキャンプセット つり
シマネコくん♪
わいわいキャンプセット シマネコくん
ケーキのくるま♪
ミニ紙しばい ケーキのくるま 3
ミケネコさんとネズミさん♪
ミケネコさんとネズミさん
野いちごのトンネル♪
ふしぎの森のキノコ トンネル
グレーネコさん♪
ブログ2周年
ウサギちゃんとようせい♪
ねがいの泉
探検♪
なるほど観察セット (探検)
ざりがに♪
なるほど観察セット (ざりがに)
テント張り♪
テント
テディベア♪
テディベア 2
握手♪
ティアドロップクマ(91) and クマ(98) 
魚焼き♪
つりセット
雨♪
ストーリーカード 虹と雲のかんらん車 1
ねがいの泉♪
ストーリーカード ねがいの泉 7
魔法のランプ♪
ストーリーカード おとぎの城 7
ジュースのふん水♪
ジュースのふん水 10
おとぎの国のキャンディー♪
ケーキのくるま
クマの双子ちゃん♪
クマの双子ちゃんのおはなし
クマさんの休日♪
クマ 父さん つり
得点係り♪
がんばれ運動会セット
カヌー♪
カヌー イヌの親子
お池であそぼ♪
お池であそぼ♪
見張り台♪
お船であそぼ 見張り台
お引越し♪
お引越し
窓から…♪
お引越し 2
おとぎの馬車♪
おとぎの馬車 2
宝箱♪
おとぎの城の宝箱
おとぎ ミニシリーズ♪
おとぎ ミニシリーズ
おすべりであそぼ♪
おすべりであそぼ
大掃除♪
おそうじセット 脚立とクマくん
イヌ先生♪
おしえて先生グッズ 定規
おつかい♪
アライグマ赤ちゃんのおつかい♪
おかしの家♪
おかしの家
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
QRコード
QR