背景画~その8~

結局、絵の具を買ってきてくれるという家族がいたので、
今日は、シルバニアの整理などをしながら、絵の具を待ちました。

その後、少しだけ作業

押入れ全体 

実は、こんな感じの場所です。
押入れなので、床に見える部分も65センチくらいの高さです。

上段の棚は最初から作りつけの物で、下段の棚は家にあった木材で作り足しました。
プラスチックケースの中はシルバニアです。
(まだちゃんと整理できていませんが…
棚の部分は、背景画を書き終えたらカーテンを取り付けて目隠しする予定です。

この部屋はシルバニアルームでも、ホビールームでもなく…
私の部屋でもなく…
実は家族の部屋だったりします。

押入れのスペースをシルバニアの撮影&ディスプレイに使ってもOK
という事で、使わせてもらっています。

それなので、変にしては可哀想だし、キレイにしておかないと申し訳ない
ので、なんとか頑張りたいです~

シルバニアをまとめて置いてある部屋は、まだまだ物置にちかい状態なので、
そちらも早めになんとかしたいです

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

背景画~その9~

今日は、ここまで進みました
背景画12 
やっと、全面塗り終えましたよ

背景画13 
左側面と川は、大体完成
本当は、位置が違うのだけど、たいこ橋を作ってみたくて、道を作りました。

背景画14 
この辺の芝と道は、もう少しなんとかしたいです。
芝は、本当は何か貼りたいかなぁ…。

背景画15 
この辺の芝ももう少しなんとかします。
ここで、湖畔のペンションの撮影をするために、この道を描きました

湖ではボートの写真を撮りたいし、川ではカヌーの写真を…
と、色々欲張って、最初の予定とはちょっと違うものになりそうですが、
ここまでくると、さすがに楽しくなってきました。

でも、芝の仕上げに苦戦するかもなぁ~。
そして、結局お家を置くスペースがそんなにないかも
お家の撮影の時には、人口芝を敷いて道を隠そうかな…。

完成したら、シルバニアを出して写真を撮りますね~

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

背景画~その10~完成!

昨日も作業はしたのですが、やっぱり、芝で失敗して

今日、やり直すことにしました
そして…なんとか完成しました

背景画16 
完成写真を撮る前に、シルバニアを並べてしまいました
橋や樹木などは、また今度、少しずつ作る事にします。
とりあえず、塗り作業は完了で~す

完成お祝いで、何枚か写真を撮ってみました。

カヌー親子
せせらぎ川でカヌーを楽しむイヌ親子

湖畔の風景 
そして…ここは…

湖畔のペンション 
湖畔のペンション

湖畔の風景2 
湖畔の風景

湖畔の風景(上から). 
上からも1枚…誰かハンモックで寝ています

湖畔のネズミくん 
最後に…ちょっと遅れて焦っているネズミくん


背景画は、こんな感じになりました。
木とか、ちょっとした茂みとかがあると、もっと
雰囲気が良くなるんだろうなぁ…。

小物整理もしたいし…服も気になる…
焦らないでコツコツやっていこう

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

赤ちゃん広場のあそびの樹のお家♪(コ-27)

赤ちゃん広場のあそびの樹のお家 です。

まずは、箱写真
あそびの木のお家 箱1 
正面
あそびの樹のお家 箱2 
側面

あそびの樹のお家 箱3 
裏面

あそびの樹のお家 箱4 
側面

あそびの樹のお家 1 
今回、あそびの樹のお家を紹介してくれるのは、シマネコの赤ちゃんです

あそびの樹のお家 2 
こちらが入り口です

あそびの樹のお家 3 
オープンエレベーターになっています

あそびの樹のお家 4 
2階へ~

あそびの樹のお家 5 
エレベーターを手動で動かしているのは…シマリスちゃんでした

あそびの樹のお家 6 
2階に到着~

あそびの樹のお家 7 
ボタンを押すと、扉が開きます

あそびの樹のお家 8 
いい眺め

あそびの樹のお家 9 
よいしょと登って…

あそびの樹のお家 10 
お次は…

あそびの樹のお家 11 
ゴンドラへ

あそびの樹のお家 12 
怖くないかな~

あそびの樹のお家 13 
無事に到着~

あそびの樹のお家 14 
そのほかにも、こんなところや

あそびの樹のお家 15 
こんなアスレチックがあります

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

107*赤ちゃん広場のあそびの樹のお家

赤ちゃん広場のあそびの樹のお家

おはなし あそびの樹のお家 1 

赤ちゃん広場のお世話係のアライグマさんが、風邪を引いてしまいました。
大好きなアライグマさんと広場で遊べない赤ちゃん達は、しょんぼりしています

そんな赤ちゃん達を見て、シマリスちゃんはアライグマさんが良くなるまで、
子ども達で赤ちゃん達のお世話をしてあげようと、思いつきました
みんなも大賛成です。

ウサギちゃんが本を読んであげたり、シマリスくんがピアノを弾いてあげたり…
その他にも積み木やブランコ、砂遊び…。
ところが、赤ちゃん達は喜んでくれません。子ども達は、がっかりしました。

その時、強い風が吹いてウサギくんの帽子が飛ばされて、大きな木の枝へ…。
帽子をとりにウサギくんは、するすると木に登りました。
みんなは拍手喝采

「みんなもおいでよ!高い木の上は気持ちがいいよ
ウサギくんが言うと、他の子ども達も次々と木に登り始めました。
「ヤッホー

おはなし あそびの樹のお家 4 

その時、羨ましそうに見ている赤ちゃん達を見て、
アライグマくんは、この木を使って赤ちゃん達のために
新しい遊び場を作ることを思いつきました

さっそく、その日の夜遅くまでかかって、子ども達は
楽しい遊び場の設計図を作り上げました
それを、お父さん達に見せると、お父さん達も賛成してくれました。

それから、村中の大人たちが集まって、あそびの樹を作り始めました。
こうして、赤ちゃん広場に楽しいあそびの樹が出来上がりました。
赤ちゃん達は大喜び
楽しそうな赤ちゃん達を見て、子ども達も嬉しそう

そこに、元気になったアライグマさんがやってきました。
赤ちゃん達は木の上からアライグマさんに手を振っています

「みんなの楽しそうな笑い声が聞こえてきて、病気なんてふっとんでしまったわ。
赤ちゃん達のお世話をしてくれて、どうもありがとう
アライグマさんに言われて、子ども達は照れくさそうに笑いました。
シルバニア村には、みんなの楽しそうな笑い声が、いつまでもひびいていました

おしまい

おはなし あそびの樹のお家 2
おはなし あそびの樹のお家 3 


エレベーターや、ゴンドラなど、大きな仕掛けがあるあそびの樹を、
短期間でつくりあげちゃうなんて、すごいですよねぇ~。


《こちらに載せているお話は、原文とは異なり、内容をご紹介するものです》


テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

赤ちゃん広場の時計の樹のお家(コ-28)

赤ちゃん広場の時計の樹のお家 です。
1995年頃発売。

中古なので、ちょっと痛んでますが、箱写真です。

時計の樹のお家 箱 1 
正面

時計の樹のお家 箱 4 
側面

時計の樹のお家 箱 3 
裏面

赤ちゃん広場シリーズは樹が多いですね~

時計の樹のお家 1 
時計の樹のお家を紹介してくれるのは、クマの赤ちゃんです。

時計の樹のお家 2 
正面の階段を上がると木の実がぶら下がっています。
この木の実を引っ張ると…

時計の樹のお家 3 
これが
時計の樹のお家 4 
こうなります かわいい~
時計は、好きな時刻に動かせます
時計の樹のお家 5 
横のはしごを上ると…

時計の樹のお家 6 
反対側がすべり台になっています。

時計の樹のお家 7 
さらに奥のはしごを上ると…

時計の樹のお家 
てっぺんにでま~す

時計の樹のお家 8 
やっほ~


赤ちゃん広場 樹×3 
これまでにご紹介した、大きな樹のお家と、あそびの樹のお家と、
今日の時計の樹のお家は、繋げて遊ぶ事もできます
 

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

赤ちゃん広場のパーティーセット(コ-29)

赤ちゃん広場のパーティーセット です

1996年発売かな…と、思います

箱はないですが、セット内容はこちら
赤ちゃん パーティーセット 

赤ちゃん達をセットすると、こんな感じになります
赤ちゃん パーティーセット 全体 

そして、このイス、専用の動物用になっています
赤ちゃん パーティーセット 1 
左から、クマ、ウサギ、リス

赤ちゃん パーティーセット 2  
アライグマ、ウサギ
当時の発売メンバー用だったのでしょうかクマはティアドロップだったのかな


赤ちゃん パーティーセット 3 
ケーキに、キャンドルをセットできます

赤ちゃん パーティーセット 4 
小さいお皿5枚と、フォーク5本は、自分で切り取ります。ミニニッパーがおすすめ
(実は、最近まで切り取っていませんでした)

赤ちゃん パーティーセット 5 
ジュースのボトルと、グラス
実は、このグラス、オレンジバージョンと赤バージョンがあるらしいです。
たしか、パン屋さんにブルーのが付いてましたね。
オレンジのも欲しかったなぁ~

赤ちゃん パーティーセット 6 
付属の食べ物です
お皿は小さいんですけど、食べ物はいっぱいですね
パン&ドーナツは、パン屋さんのと同じです。プラス、オムレツ
美味しそう

こういう小物や家具をどう収納するか思案中
カテゴリに『収納』を増やそうと思います。

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

今までの収納。

今日は、予告()していた、シルバニアの収納についてです。

前回、シルバニアの大整理をしたのは、4年前でした
その時は、シルバニアは、家族とその友人達が遊びに使っていた物と、
私の物も含めて、遊びには使わない物とに分かれていました。

遊びに使うものは、このように
収納 引き出しケース 
引き出し型ケースに収納していました。

収納 引き出し 中身 
こんな感じに仕切りをつけて…

収納 引き出し 中身2 
 遊んだ後に、どこに片付けるのかわかるようにしていました
(クリックすると大きくなるはずです)

収納 ミニケース 
ようせいシリーズや、赤ちゃんセットが入っていたミニケースも、このようにして利用。


遊びに使わない物は、
収納 カゴ1 
セットごとにチャック袋に入れて、ふた付きのカゴに収納。

収納 カゴ2 
紙類もほとんどそのまま

収納 カゴ3 
中身はこんな感じです。
いつか、その時がきたら出すつもりで…


でも…この大整理の後に購入した物は、当然そのまま箱の中

こういう状態で、このブログ、シルバニ村づくりは、スタートしたのでした

これからの、村づくりのためには、新しく収納し直さないといけないと思うので、
(まず、箱から出さなきゃだし)
ブログに収納のカテゴリを設けて、大整理も頑張ろうと思います。
たしか、3回目の大整理かなぁ~(笑)

すでに、頂いた意見も、とても参考になりましたし、これからも、
アイディアをお知らせいただけたら嬉しいですので、
よろしくお願いします

アライグマ双子ちゃんパーティー 
この写真を撮った時に、大整理が必要だとしみじみ思いました~

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

赤ちゃん汽車ぽっぽであそぼ(コ-30)

  赤ちゃん汽車ぽっぽであそぼ です。
1996年発売。
我が家にあるのは、確か復刻したものです

箱写真 
汽車ぽっぽであそぼ 箱1 

汽車ぽっぽであそぼ 箱2   

 
全体像は、
汽車ぽっぽであそぼ 1 
こんな感じなんですが、あれうんていの部分がないなぜ
お花のベルも片方ない~探さなくちゃ~

汽車ぽっぽであそぼ 2 
正面部分が開きます。乗り口も扉が開きますが、ここの扉は壊れやすいです

汽車ぽっぽであそぼ 3
後ろから見たところ 向かい合った座席があります。
 
汽車ぽっぽであそぼ 4
クマくんがレバーを右へ動かすと… 

汽車ぽっぽであそぼ 5 
テーブルが出てきました


汽車ぽっぽであそぼ 6 
反対側には、はしごが付いています。登ると…

汽車ぽっぽであそぼ 7 
煙突ですが、落っこちちゃいます

汽車ぽっぽであそぼ 8 
「ネズミちゃん、準備はいいかい

汽車ぽっぽであそぼ 9  
お花のレバーを押すと、すべり台になります
 

見た目も可愛いですが、コンパクトながら、仕掛けもあって、
子どもには人気がありそうです

続きを読む

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

☆ミケネコファミリー

1996年発売のミケネコファミリーです。

ミケネコファミリー 
今、我が家で箱から出た状態なのは、これで全部なのですが… 

ミケネコファミリー 2
このミケネコファミリーは、元からこの服を着ていたのに、
一般のオリジナル服とはちがうんですよねぇ。

確か、今はもうないおもちゃ屋さんで、
当時では珍しいファミリーセット売りだったと思うのですが、
その頃は、シルバニアファミリーについて、そんなに知識もなかったので、
「あ、ファミリーの方がお買い得
と思って購入したのですが、今になって気になります…
手は普通の日本バージョン。

箱も、とってなかったし、仕方ないですねぇ~
個人的には、この薄紫のセット服の方が好きです

ミケネコファミリーは、公式設定のお家はないですが、
森のパン屋さん(ハ-23)を経営しています。

アライグマファミリーの次にシルバニア村に引っ越してきた
ファミリーということらしいです。

我が家のシルバニ村でも、パン屋さんです。
お家は…パン屋さんと重ねられるタイプにしようと思っています

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

今までの収納 2 服

今回は、シルバニア服の収納です。
やはり、4年前の大整理の時に、この方法にしました。

お片づけボックス 
使用したのは、当時のシルバニアの通販で購入した紙製の収納BOXです。

シルバニア服 収納 
こんな風に仕切りが付いているので、種類別に入れておくだけです。
お母さんとか、帽子とか…

シルバニア服 収納 2 
やっぱりお母さん服と女の子服が多いですね

ちゃんと管理するなら、一着ずつ写真を撮ったほうが良いんでしょうねぇ。
今回は、とりあえず、ほつれをチェックして、一度全部キレイにしてサイズの確認をします。
服はジッパー袋に入れるのは、ちょっと面倒かなぁ…と思うので、
収納方法は変えないかもしれません。

お片づけボックス 
重ねるとこんな感じ。
どこに何があるかわかっていると、すぐに着替えられますね

あ、汽車ぽっぽであそぼの部品は、ちゃんとありました。
追記して、写真も一枚載せてあります

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

52*ミケネコのお父さん

ライバルはネズミさん

森のおはなし ミケネコ父 

おはなし ミケネコ父 奥付 
シルバニア村に、ミケネコさん一家が引っ越してきました。
さっそく、村のみんなが集まって、歓迎パーティーです。

シルバニア村特製の木の実パイや、きのこのシチューを食べながら
おしゃべりをして、ミケネコさん一家はすぐにみんなと打ちとけることができました。
 
クマさんに趣味を聞かれたミケネコさんは、チェスと答えます。
すると、そばで聞いていたネズミさんが顔を輝かせました。
ネズミさんもチェスが大好きなのです。

さっそく一勝負する事になり、みんなの見守る
一戦目はミケネコさんが勝ちました。 すると、
「もう一回やろう」
と、ネズミさんが言い、二戦目はネズミさんの勝ち。
すると、今度はネコさんが
「もう一回やろう

…結局、勝ったり負けたりを繰り返しているうちにみんな帰ってしまい、
お日様が東の空から顔を出す頃、やっと2人は勝負をやめました
結果は18勝18敗の引き分けです。

「この次は絶対僕が勝ちますからね
「今度は手加減してあげませんよ
負けず嫌いの2人はどなり合いながら、別れました。
でも、2人とも、心の中では、こんなに楽しく
チェスをしたのははじめてだと思っていたのです。

やがて、小麦が金色に実り、村中総出の収穫が始まりました。
刈り入れが終われば、ネズミさんが美味しい粉にするのです。
 
「そうしたら、僕が美味しいパンを焼くよ」
と、ミケネコさんが言うと、
「大丈夫、僕の粉さえあれば、美味しいパンが焼ける」
と、ネズミさんが言い…
「美味しいパンを焼くには、粉よりも作り方が重要なんだよ」
と、ミケネコさんが…
たちまち言い合いが始まりました。 仲間達はあきれています

収穫は無事に終わり、刈り入れた小麦でネズミさんが粉をひき、
ミケネコさんがパンを焼き上げてみんなに配りました。

自分が焼いたパンをひと口味見したミケネコさんは、今まで焼いた
どのパンよりも美味しくて驚きました。
やっぱり、ネズミさんの粉が素晴らしかったんだな。
ネズミさんは良い人だ。正直にお礼を言って、これからは仲良くしよう。
と、思いました。

一方、ネズミさんもミケネコさんの焼いたパンを食べて、びっくり。
こんなに美味しいパンは初めてだ。やっぱりミケネコさんは、パン作りの名人だな。
これからは、2人で協力して美味しいパンを作っていきたいな
ネズミさんがこんな事を考えていると、ミケネコさんがやってきました。

「やあ、ネズミさん、良い粉をどうもありがとうおかげで美味しいパンができたよ。」
ミケネコさんが少し照れながら言うと、ネズミさんも頭をかきながら、
「いや、ミケネコさんのパンを作る腕が良いんだよ。」
と、言い返しました。
「いやいや、ネズミさんの粉のおかげだよ。」
「君のパン作りが上手いんだってば」
……結局2人はどなり合ってしまい…
「仲がいいほどけんかするっていうけどね」
と、村の仲間達は、そんな2人をあきれて見ているのでした。

ミケネコさん&グレーネズミさん

おしまい


本当は、この森のおはなしの挿絵は、白耳タイプの二代目ネズミなのですが、
我が家の粉屋さんは、初代ネズミのグレータイプなので、グレーネズミさんで
写真を撮りました。

シルバニアの世界では、あまり言い争いは出てこないので、
珍しいお話のような気がしますね~

似たもの同士、これからきっと仲良くなっていくのでしょう



《こちらに載せているお話は、原文とは異なり、内容をご紹介するものです》

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

53*ミケネコのお母さん

お母さんの宝物

森のおはなし ミケネコ母 
おはなし ミケネコ父 奥付 

シルバニア村にミケネコ一家が引っ越してきて、村の子ども達は、
荷物を運んだり、新しいお家の掃除をしたりと、お手伝いです。

ミケネコのお母さんは、次々と箱を開けて、お家の中を片付けていきます。

シマリスちゃんが、ミケネコさんが大切そうに抱えているきれいな箱に気がつきました
「これはね、私の宝物なの」
そう言いながら、ミケネコさんが箱を開けると…一目見るなり、
みんなは驚きの声をあげました

箱の中には、色々な珍しいもの、きれいな物が詰まっていたのです。
まるで、魔法の箱を開けたようです。

ミケネコママ&子ども達 

「私は子どもの時から色々なものを集めるのが好きで、大切にとってあるの」
ミケネコさんは、嬉しそうに言いました
どれも、ミケネコさんの思い出のつまった宝物なのでしょう。

子ども達が目をかがやかせて見入っていると、ミケネコさんはその中から、
ひとつずつ、みんなにプレゼントしてくれました。
ウサギちゃんには、桜色の貝殻のペンダント、シマリス君には石で作った笛、
アライグマ君には機械で動く人形。
「どうもありがとう」  みんなは大喜びです。

でも…「大切な宝物を私達が貰ってしまっていいの
ミケネコさんの宝物がなくなっちゃう」  クマちゃんが聞きました。
「いいのよ、私には一番大切な宝物がとってあるから」
ミケネコさんはにっこり笑って、答えました。

さて、ミケネコさんの宝物コレクションを見せてもらってから、
子ども達の間では、宝物を集めることが大流行。きれいな木の実や、押し花
みんなはそれぞれ、大好きなものを集めました。

宝物を見せ合う楽しそうな声が村のあちらこちらで聞こえるようになり、
子ども達は自分達の宝物を集めて展覧会を開く事にしました。
話を聞いた大人たちも参加する事になりました。

会場になった協会には、色々な宝物が集まりました。
「まあ、素敵な展覧会ね、私も一番の宝物を持ってきたのよ」
と、やって来たのはミケネコさんです。

「ミケネコさんは何を出すの?」
「それは……これよ」
小さな箱に入っていたのは、小さな木の実。
「ただの木の実?」」
子ども達は、ちょっとがっかりです
すると、ミケネコさんは微笑みながら、木の実の事を話してくれました。

「これはね、私が子どもの時に、お友達からもらったの。
森の奥にある、シルバニアという美しい村の様子や仲間達の話を聞いて、
ずっとその村に住んでみたくてたまらなかったの。
だから、どんなに珍しい宝物よりシルバニア村が私の宝物なのよ」

ミケネコさんの話を聞いて、子ども達はとっても嬉しくなりました
そして、声を揃えてこう言ったのです。
「シルバニア村にようこそ

おしまい


このお話からすると、ミケネコさんは、街からやって来たようですねぇ。
憧れの地に引っ越せて、良かったですね…


《こちらに載せているお話は、原文とは異なり、内容をご紹介するものです》

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

プレゼント♪

今日は、嬉しいお届け物がありました。
それは…ブログで仲良くしていただいている、
さかなさんのブログ、さかなのつぶやき
でのプレゼント企画のお品物です~

早速、我が家のシルバニ村の住人たちに届けて、
写真撮影をしました

プレゼント 2 
ネズミさんが手にしている、草取り用の道具(ですよね?)、
グレークマさんのノコギリ、そして…ちょっとわかりにくかった
ですが、切り株の上にも、園芸用のツールが数点あります

プレゼント 3 
こちらは、お庭の手入れに欠かせない熊手
グレークマさんにぴったりですねぇ

プレゼント 1 
そして、東南に飾るととても縁起がいいらしい、怪しい素敵な壷(笑) と、
和室に似合う和風小鉢と、シマネコ洋品店の新作バッグ(笑) です
(さかなさんのブログを読むと、不思議な文の謎がとけます)
壷は写真よりも落ち着いた色合いです。

今回、初めて和室セットを開封しました。
確か20周年記念の時に家族の希望で購入していました。
そのうち、どこかに和の空間を取り入れたいと思います

プレゼント 4 
新旧ネズミのお父さんたちは、素敵なパエリア鍋でトマトソースを作ったのかな
外でお料理もいいですね~

プレゼント 5 
こんなに可愛いポストカードのオマケもありました

さかなさん、本当にどうもありがとうございます
帰宅する家族に報告しては、その度に一緒に喜ぶ、素敵な一日でした

これからも、どうぞよろしくお願いいたします

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

54*ミケネコの男の子

ネコくんの大事件

森のおはなし ミケネコ男子 
おはなし ミケネコ 奥付

ミケネコさん一家の男の子は、とっても明るくて、
すぐに、村中の人たちと仲良しになりました。

ある日の事、ミケネコ君は村の大人たちが、
「杉の子山の杉に鳥が止まったぞ。これは、大雪になるな。」
と、言っているのを聞きました。

に帰り、その事を話すと、お父さん達はびっくり。
「まさか、今は真夏だぞ」
お父さんもお母さんも首をかしげてしまいましたが…
念のために、大雪にそなえて、暖炉に火をおこしたり…。
翌日、ミケネコちゃんとミケネコ君は、毛糸のセーターを着て、
そりを引っ張って学校へ行きました。みんなは、目をぱちくり

ミケネコ君&ミケネコちゃん 

シルバニア村では、杉の子山の杉の木に白い鳥が止まると、
その年の冬に大雪が降ると言われているのでした。
ミケネコ一家の勘違いに村中の仲間達が大笑いしてしまいました。

「おまえは、早とちりし過ぎる。もう少し物事を深く考えなさい」
と、言われてミケネコ君はしょんぼり…

次の日、ミケネコ君はネズミさんの粉ひき小屋まで、粉をもらいに行きました。
すると、ネズミさんがこんな事を言いました。
「今日は粉をたくさん持っていきなさい。来週は引越しで粉ひきはできないからね」
ミケネコ君は、びっくり仰天
ネズミ一家がシルバニア村から引っ越してしまうなんて大ショックです。
でも、お母さんはもう知っていて、落ち着いていました。
「そうよ、お引越しはみんなでお手伝いしましょうね」

そして、ついにネズミさんのお引越しの日、村中のみんなが手伝って、
お昼前にはネズミさんの家は空っぽになりました。
さあ、いよいよお別れですミケネコ君は涙をこらえて、
ネズミ君とネズミちゃんにプレゼントをしました。
2人は、驚きながらもとても喜んでくれました。

「さあ、出発するぞ」
クマさんの掛け声と共に荷物を積んだ荷車は動き出します
ミケネコ君はとうとう涙をこぼしてしまいました。

ところが、荷車はミケネコ君のお家の方に向っています。
そして、ミケネコ君のお家の近くに出来たばかりのお家の前に止まったのです。
みんなは、わいわいと新しいお家に入っていきました。
ミケネコ君だけが立ち尽くしています。
「ネズミさんは、ここに引っ越したの
どうやら、ミケネコ君は、またまた早とちりをしてしまったようです。

新しいお家で、楽しい昼食会が始まりました
でも、どうしてミケネコ君が泣いているのか、誰にもわかりませんでした。

おしまい


にぎやかなネズミさんの新居の前で、一人立ち尽くすミケネコ君の
姿を想像すると、なんと声をかけていいのやら…。
でも、お別れしなくていいんだから、良かったんだよね


《こちらに載せているお話は、原文とは異なり、内容をご紹介するものです》


テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

たいこ橋

ある日の事、シルバニ村の事を考えながらソファでうとうとして…
ふと、目を覚ますと…たいこ橋がありました

まだ、未塗装ですが、早速、川へ…

太鼓橋 1 
こんな感じです

確かオイルステインがあったと思うので、時間ができたら、
塗装は自分でしようと思います

どうもありがとう我が家の、大きな小人さん
(寝ている間に靴を作ってくれる小人のお話、ありましたよね…)

塗装する時に、橋の詳しい写真を撮りたいと思います

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

55*ミケネコの女の子

はずかしがりやの妖精さん

森のおはなし ミケネコ女子 

おはなし ミケネコ 奥付 

シルバニア村にミケネコさん一家が引っ越してきて、
新しいお友達が増えたので、子ども達は大喜び
ところが、ミケネコちゃんは、遊びに誘っても家の中に隠れてしまいます。
ミケネコちゃんは、とってもはずかしがりやさんなのでした。
本当はみんなと仲良しになりたいと思っているので、
こっそりみんなの後をつけました。
みんなは、うそつき林でおにごっこをしていました。

ミケネコちゃんが、ふと、足元を見ると、少し汚れて
足が壊れかけている、お人形が落ちています。
ミケネコちゃんは、そのお人形をお家にもって帰り、
足を縫い付けて、丁寧に汚れを落として
リボンをかけて、元の場所に置いてきました。

次の朝、学校では大騒ぎになっていました。
ウサギちゃんが大切なお人形をうそつき林に落として
しまったので、探しに行ったら、そのお人形がキレイになっていて、
壊れていた足も直っていたというのです。
「もしかして、森の妖精さんがしてくれたんじゃない
と、みんなでわいわいがやがや…
ミケネコちゃんは、少し離れたところでだまってその話を聞いていました。

それからも、不思議なことは起こりました。
クマ君がいこいの林でうたた寝をしてしまった時、
誰かが毛布をかけてくれたり、
女の子達が花摘みをしていたら、いつの間にか
近くの木の枝に花冠が掛かっていたり。

教室は、妖精さんの話で持ちきりです。
そして、とうとうみんなで妖精さんを探しに行く事になりました。
ミケネコちゃんも誘われましたが、断りました。

「私達、妖精さんにどうしても叶えて欲しいお願いがあるのよ」
アライグマの女の子は言いました。
子ども達が妖精探しに出発すると、ミケネコちゃんも隠れて後をつけました。
子ども達は、ひそひその森にどんどん入って行き、大きな木の下に着くと、
「妖精さん、私達の願いを叶えてください
と言って、枝に紙を結びつけたのです。

みんながいなくなってから、ミケネコちゃんは、そっと
大きな木に近づいて、願い事の紙に手をのばしました。
そこに書いてあったのは…
「ミケネコちゃんと友達になれますように
「まあ!」
その時、近くの木立の中から子ども達が飛び出してきました
「優しい妖精さん、お友達になって
ミケネコちゃんは真っ赤になってしまいましたが、
みんなの笑顔に囲まれて、にっこり笑いました。
「ありがとう。どうぞよろしく
子ども達は大喜びです。ひそひその森からの帰り道は、
ミケネコちゃんを囲んでおしゃべりしながらの、楽しいものでした。

「妖精じゃなくて、がっかりした
ミケネコちゃんは、ちょっぴり心配そう。
でも、子ども達は元気よく首を横に振りました。
もちろん、誰もがっかりなんてしていません。 だって、ミケネコちゃんは、
「ミケネコちゃんとお友達になりたい
っていう、一番大切な願い事を叶えてくれたのですから…。

おしまい


今週は、予想以上に忙しくなってしまい、思うように更新できませんでしたが…
気づけば、ユニークアクセスカウンターが1000を超えていました
とても、嬉しいです
これからも、少しずつでもシルバニ村の開村目指して頑張りますので、
よろしくお願いします


《こちらに載せているお話は、原文とは異なり、内容をご紹介するものです》


テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

56*ミケネコの赤ちゃん

迷子の赤ちゃん

森のおはなし ミケネコ赤ちゃん 

おはなし ミケネコ 奥付 

ある朝早く、子ども達は、どんぐり山へ木の実を拾いに出掛けました。
家を出る時、お母さん達が、
「今日は良いことがあるわよ」  と、言いました。
いったい何があるのか楽しみにしながら、せっせと木の実を拾って
みんなのカゴがいっぱいになった頃、どこからか、小さな
泣き声が聞こえました。

声のする方へ行ってみると、栗の木の下に小さな赤ちゃんが
ちょこんと座って、泣いていました
アライグマちゃんが優しく抱き上げて、シマリスくんが木の実をひとつ
あげると、やっと泣き止みました。

「いったい、どこの赤ちゃんだろう」
みんなは、首を傾げました。見たことのない赤ちゃんです。
とんがった耳にくりくりの目に長いひげがあります。
「赤ちゃん、どこから来たの
ウサギちゃんが聞くと、
「おうち」  赤ちゃんは答えます。
「赤ちゃん、お家はどこなの
「大きな橋の向こう」
「大きな橋どんどん橋かしら

子ども達は赤ちゃんを抱いて、どんどん橋へ行ってみました。
でも、どんどん橋の向こうにはクマさんの家があるだけです。
「赤ちゃんのお家はどこなの
また、優しく聞いてみました。
「お池のそば」
赤ちゃんは答えます。
子ども達はキラキラ湖まで行ってみました。

でも、ここには、フクロウさんの家があるだけです。
「赤ちゃんのお家はどこなの
もう一度聞くと、
「木がいっぱいあるところ
そこで、子ども達は、うそつき林まで行きました。
でも、この近くに家はありません。いこいの林にも行ってみましたが、
ここにも家はありません

「赤ちゃん、いったいどこから来たの
子ども達は、もう一度聞きました。
「公園のところ」
赤ちゃんが答えました。
「子ども達は、また赤ちゃんを抱いて、来た道を赤ちゃん広場まで引き返しました。」
でも、この近くにはタヌキさんの家があるだけです。

子ども達は、すっかり参ってしまいました
疲れきって座り込んでしまった子ども達と反対に、迷子の赤ちゃんは、
赤ちゃん広場の遊びの樹を見て大喜び
他の赤ちゃんに混ざって、さっそく遊び始めました。
 
ミケネコ赤ちゃん おはなし

そこに、アライグマさんと、もう一人、初めて見るお母さんがやって来ました。
迷子の赤ちゃんと、そっくりの顔をしています。
「まあ赤ちゃん
そのお母さんが呼ぶと、迷子の赤ちゃんは、嬉しそうに飛びつきました

「こちらは、これからシルバニア村に住む事になったミケネコさんよ」
アライグマさんが、赤ちゃんのお母さんを紹介してくれました。
「はじめまして。私達一家は昨日の夜遅くにシルバニア村に着いたの。
今朝早く、赤ちゃんが一人で外に行ってしまって探していたのよ。
助けてくれてありがとう。これからもよろしくね。」

ミケネコさんは、優しい笑顔で言いました。
橋や池は、前に住んでいた所のことだったようです。
「ミケネコの赤ちゃん、お母さんに会えて良かったね
子ども達もひと安心。
そこに、ミケネコの男の子と女の子もやって来ました。双子の赤ちゃんもいます。
「はじめまして。」
「一緒に遊ぼうよ
お母さんの言っていた良いことは、新しい仲間が来ることだったんですね。

おしまい 



《こちらに載せているお話は、原文とは異なり、内容をご紹介するものです。》

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

57*ミケネコの双子の赤ちゃん

赤ちゃんの心のおしゃべり

森のおはなし ミケネコ双子 

おはなし ミケネコ 奥付 

ミケネコさん一家の双子の赤ちゃんは、まだおしゃべりできません。
でも…実は、まわりの事を全部見て、色んな事を考えているのです。

ある日の事、ミケネコのお父さんは、パン屋さんでパンを焼いていました。
双子の赤ちゃんは、近くのゆりかごに、ご機嫌よく座っています。
お父さんは、オーブンからパンを取り出して、味見にひとつ、ぱくっと
食べました…もうひとつ、ぱくっ…つい美味しくて、全部食べてしまいました

と、その時、お店から
「ミケネコさん、パンください
と、クマさんの声。
慌てたお父さんは、赤ちゃんたちがパンを全部食べてしまった事にして、
後でお届けする事にしました。

双子の赤ちゃんは、心の中でお話します。
(お父さんは、僕達のせいにしてる…)
(あんなにいっぱい食べて、いいなあ…)

またある日、双子の赤ちゃんは、テラスで日向ぼっこ
お母さんは、すぐそばで本を広げて、うたた寝をしています
そこへ通りかかったシマリスさんが声をかけました。

「やあ、ミケネコさん、読書ですか?」
お母さんは、ぱっと目を覚ますと、すまして、双子の赤ちゃんに
本を読んで聞かせていた事にしました。

(お母さんてば、寝てたくせに…)
(おかしいね)
と、赤ちゃんたちは、また心の中でお話しました。

夕方、子ども部屋のベビーベッドで、双子の赤ちゃん達は、お昼寝から
目を覚ましました
台所から、お母さんの声が聞こえます。
「誰か、お母さんの帽子、知らない
「う、ううん、知らないよ」
と、ミケネコくんの声。

しばらくすると…ミケネコ君が、泥だらけになった、お母さんの帽子を持って、
子ども部屋に入って来ました
「あ~あ、探検ごっこに使って、泥んこにしちゃったなんて、言えないよなぁ
双子の赤ちゃんが、砂場遊びで汚した事にしちゃおうかな」

(そんなのひどいよ、お兄ちゃん)
双子の赤ちゃんは、大声で泣き出しました
泣き声を聞いて駆けつけた、お母さんは、泥んこの帽子を見つけました
「お母さん、ごめんなさい
ミケネコ君は、慌てて謝りました。

他にも、双子の赤ちゃんは、おしとやかだと思われているミケネコちゃんが、
本当はでんぐり返りや、逆立ちが得意な事を知っています。

そして、家族のみんなが、ちょっとした事で、少しずつ怒っていて、
「ごめんなさい
を言いたいのに言い出せない、そんな時、赤ちゃんたちが大活躍するのです。

ただニコニコしているだけに見える赤ちゃん達は、心の中で、みんなに話しかけています。
(仲直りしようよ)
(本当は、みんな大好きなんだから)
赤ちゃん達の言葉は、みんなの心に届きます。
すると、いつの間にか、家族のみんなの顔もニコニコしてきて、照れくさそうに
「さっきはごめんね」
と、言い合えるのです。

「怒っている時も、双子の赤ちゃん達の笑顔のおかげで、気持ちが和むね。」
「早く、言葉がわかるようになればいいのに。」
みんなが、双子ちゃんを囲んで言いました。
赤ちゃん達は、ただニコニコ。
でも、心の中では、ちゃんとこんな風に答えているのです。
(みんなが大好きだから、ニコニコできるんだよ)

ミケネコ双子 おはなし

おしまい

なんだか、ほんわかしたお話ですね。
ずいぶんと時間が掛かってしまいましたが、ミケネコ一家のおはなしが、
やっと終わりました。

ミケネコさん家をどのお家にするかは、まだ決まっていないので、
そろそろ決めないとなぁ~。


《こちらに載せているお話は、原文とは異なり、内容をご紹介するものです》


続きを読む

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

たいこ橋~その2~

たいこ橋の作り方です。(小人さんに聞きました)

太鼓橋 1 
我が家のサイズはこんな感じ

たいこ橋 
完成品の全体像は、こんな感じ


たいこ橋 図1 
上の図のような、Aの板と、Bの板で作ります。
(見づらいですね)

今回使用したのは、2×15×900㎜のヒノキの板2枚。
作るサイズによって、違いますね~

材料を切り出して、ヤスリをかけて、後は
Bの上にAを接着していくだけです。

たいこ橋 図2 
写真だと、
たいこ橋 横 
側面

たいこ橋 裏 
裏面

こんな説明で、わかったかしら…
Bの形を変えると、いろんな形になるんだと思います。
切り出しには、カッターを使ったそうですよ。

塗装は、結局色なしにして、つや消しの水性ニスを塗りました。
そのうち、ちょっと日に焼けてちょうど良い色合いになるでしょう~

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

☆ネズミファミリー(白耳タイプ)

1996年発売のネズミファミリー(白耳タイプ)です。

白耳ネズミファミリー 

今、我が家に居るのは、これで全部です。
お母さん、女の子、赤ちゃん、がいませんね~
やっぱり、お母さん居ないと淋しいかな…

発売はミケネコファミリーと同じ1996年なのですが、どこかから引っ越してきた
設定のミケネコ一家と違い、このネズミ一家は、もともとシルバニア村に住んでいて
水車小屋で粉引きをしている設定なんですよねぇ。
初代のグレーネズミ一家の設定をそのまま引き継いだのかな…

こういう時に、両方のお人形を持っていると、設定どおりに遊べなくなります。
(設定どおりに遊ばなくていいんですけどね)
シルバニ村で、どういう設定にするかは、まだ決まっていません。

この後、発売されたネズミファミリーと区別するために、白耳タイプとしましたが、
その呼び名が一般的なのかはわかりません。

ピンク耳ネズミのお父さんは、パン屋さんだったなぁ…。
小麦粉つながり
それじゃあ、白耳ネズミさんは、ピザ屋さんとか、ドーナツ屋さんがいいかな…。
その前に、お家をどうするかだなぁ


テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

58*ネズミ(白耳)のお父さん

粉屋さんは、大忙し

森のおはなし ネズミ(白耳) 父 

森のおはなし ネズミ(白耳) 奥付 

シルバニア村の水車小屋からは、いつもゴトゴトと、粉をひく音が聞こえてきます。
水車小屋の中で、真っ白になりながら、忙しく働いているのは、ネズミのお父さん
小麦やとうもろこしから、粉を作るのが、ネズミさんの仕事なのです。

ある日の事、ネズミさんが粉をひいていると、子ども達がやってきました。
「おや、どうしたんだいみんな揃って。」
「お父さん、忘れちゃったの今日はみんなに
粉引きの仕事を見せてくれるって約束だったじゃないか。…」
「やあ、そうだったね。忙しくて、忘れてたよ。」

ネズミさんは、毎日忙しくて、つい子ども達との
約束も忘れてしまったのです。
さらに、ネズミさんは、ネコさんに粉を配達した事を忘れて、
また配達に行ってしまいました
そこで、たまには、ゆっくり気持ちを休めようと、
次の日曜日に久しぶりに村のみんなを呼んで、パーティーをする事に決めました。

そう思いつくと、ネズミさんは、さっそくその事を家族に話しました。
お母さんも子ども達も、びっくりした様子ですが、
ネズミさんが熱心にすすめるので、みんなでパーティーの準備を始めました。

まず、ネズミさんは、村中の仲間達に招待状を出しました。
村のみんなも驚いたようですが、もちろん、全員喜んで出席します

さて、日曜日。
ネコさんは、焼きたてのパンを持ってきてくれました。
ウサギさんは、自慢の果実酒
シマリスさんは、きのこのパイ。
それぞれが得意なものを持ち寄って、ネズミさんのパーティーの始まりです。

「みなさん、今日はようこそ。最近、僕は忙しすぎだよ。
こんな風にみんなとゆっくりするのは、何ヶ月ぶりだろうね。」
ネズミさんがそう言うと、思わずみんな笑ってしまいました。
「一週間ぶりじゃないかきみは、この前の日曜の時もそう言ったよ。」
その言葉を聞いて、ネズミさんは目をパチクリ
「この前の日曜にも、パーティーしたっけ

忙しすぎるネズミさんは、先週パーティーを開いた事も忘れていたのです。
「まあ、楽しい事は何回やっても良いじゃない。」
ネズミのお母さんや、子ども達は大きくうなずきました。
が、お父さんだけは、いつまでも照れくさそうに笑っていましたとさ。

おしまい


《こちらに載せているお話は、原文とは異なり、内容をご紹介するものです》

テーマ : シルバニアファミリー
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ひろり~ず

Author:ひろり~ず
北国在住。
シルバニアファミリー歴、
16年目になりました。
なかなかマメな更新ができませんが、
どうぞよろしくお願いします♪

シルバニアファミリー同盟
シルバニアファミリー同盟

ミーシャさんが管理されている
シルバニアファミリー同盟に参加しています♪

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アライグマくん設計中♪
アライグマくん 設計中♪
雑貨屋さん♪
森の雑貨屋さん グレークマ
編み物♪
編み物♪
教会♪
村の教会
ホームパーティー♪
森のお家 森のおはなし
マーケット♪
森のマーケット クマさん
りんごの木♪
森のお家 グレーウサギ夫婦
おとぎの紙芝居♪
紙芝居 おとぎの馬車
空に浮かぶ城♪
空に浮かぶ城
ユニット♪
階段ユニット
花束♪
花束
わんぱく校庭セット♪
わんぱく校庭セット シマリスくん
つり♪
わいわいキャンプセット つり
シマネコくん♪
わいわいキャンプセット シマネコくん
ケーキのくるま♪
ミニ紙しばい ケーキのくるま 3
ミケネコさんとネズミさん♪
ミケネコさんとネズミさん
野いちごのトンネル♪
ふしぎの森のキノコ トンネル
グレーネコさん♪
ブログ2周年
ウサギちゃんとようせい♪
ねがいの泉
探検♪
なるほど観察セット (探検)
ざりがに♪
なるほど観察セット (ざりがに)
テント張り♪
テント
テディベア♪
テディベア 2
握手♪
ティアドロップクマ(91) and クマ(98) 
魚焼き♪
つりセット
雨♪
ストーリーカード 虹と雲のかんらん車 1
ねがいの泉♪
ストーリーカード ねがいの泉 7
魔法のランプ♪
ストーリーカード おとぎの城 7
ジュースのふん水♪
ジュースのふん水 10
おとぎの国のキャンディー♪
ケーキのくるま
クマの双子ちゃん♪
クマの双子ちゃんのおはなし
クマさんの休日♪
クマ 父さん つり
得点係り♪
がんばれ運動会セット
カヌー♪
カヌー イヌの親子
お池であそぼ♪
お池であそぼ♪
見張り台♪
お船であそぼ 見張り台
お引越し♪
お引越し
窓から…♪
お引越し 2
おとぎの馬車♪
おとぎの馬車 2
宝箱♪
おとぎの城の宝箱
おとぎ ミニシリーズ♪
おとぎ ミニシリーズ
おすべりであそぼ♪
おすべりであそぼ
大掃除♪
おそうじセット 脚立とクマくん
イヌ先生♪
おしえて先生グッズ 定規
おつかい♪
アライグマ赤ちゃんのおつかい♪
おかしの家♪
おかしの家
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
QRコード
QR