シルバニ村♪開村計画!!

つながる建物~赤い屋根のお家(ハ-24)~

今回の繋がる、重なる建物は、1996年発売の、
赤い屋根のお家
『赤い屋根のお家(ハ-24)』です

 繋がる 赤い屋根のお家 1
公式設定では、ネズミさんのお家です

繋がる 赤い屋根のお家 2 
一軒目は、1996年発売の『森のパン屋さん(ハ-23)』です
ジャストサイズで重なります

繋がる 赤い屋根のお家 3 
二軒目は、1997年発売の『木もれ日のお部屋(ハ-25)』です
こちらもジャストサイズ

繋がる 赤い屋根のお家 4 
三件目は、1997年発売の『シルバニア森の学校(ハ-26)』
本体だけにすると、学校以外の建物にもなりますね、こちらもジャストサイズです

繋がる 赤い屋根のお家 5 
四件目は、1998年発売の『森のマーケット(ハ-27)』です
これもジャストサイズ。
壁のつくりは違うけど、立派な店舗兼住宅になりますね。

繋がる 赤い屋根のお家 6 
五件目も店舗です。
2000年発売の『森のキッチン(ハ-31)』
こちらもジャストサイズです

繋がる 赤い屋根のお家 7 
店舗が続きます。
六件目は、2012年発売の『ハンバーガーレストラン(UK Flair)』
看板がないと、何屋さんだかわかりませんね
横幅は丁度ですが、
繋がる 赤い屋根のお家 8
奥行はこれぐらい違います
まあ、そんなに気にならない程度かな

繋がる 赤い屋根のお家 9
七件目も店舗、2012年発売の『森のスーパーマーケット(ミ-69)』です
こちらも、横幅はで、
繋がる 赤い屋根のお家 10
奥行がこれだけ違います
やっぱり、年代で大きさが違うって事でしょうか

 繋がる 赤い屋根のお家 11
八件目は、2012年発売の『カーポートのあるあこがれのお家(ハ-46)』の、カーポートです
悩んでたけど、このカーポートが欲しくなって(カーポートとしては使わないと思う)、最近購入した商品なので、大きさくらべっこをした時にはありませんでした。
こちらも、横幅はで、
繋がる 赤い屋根のお家 12
奥行が合わないのですが、
繋がる 赤い屋根のお家 13 
もともと緑だし、鉢植えとかプランター等を置けば、全然問題ない感じです
(あれ、ネズミさん、倒れてる…)

繋がる 赤い屋根のお家 14 
九件目は、2013年発売の『海辺のすてきなレストラン(ミ-72)』です
デザインが凝っていて、バーベキュースタイルのテーブルも面白いんですけど、廃番になるのかな
こちらも、横幅で、
繋がる 赤い屋根のお家 15 
奥行が合わないサイズです

繋がる 赤い屋根のお家 16 
十件目は、2015年発売の『森の焼き立てパン屋さん(ミ-80)』です
意外と変ではない組み合わせなんですが、窯からでる煙りのことを考えるとちょっと無理かなぁ
繋がる 赤い屋根のお家 17 
やっぱり、これも奥行が合いません

繋がる 赤い屋根のお家 18
 最後の十一件目の建物は、2016年発売の『こだわりパティシエのケーキ屋さん(ミ-83)』です
名前に森の~が付いてないのは、タウンシリーズの発売が決まってたからなのかな…
考え過ぎか
繋がる 赤い屋根のお家 19 
この建物も、奥行が合いません

我が家にないけど、重なりそうなのは、『シルバニアブティック』と、『森のお医者さん』かなぁ
いろいろ重ねてみて、良さそうな組み合わせができたら、シルバニ村やアーヴォンシティの建物にしようと思っているので、気長に撮影を続けます

次回は、『木もれ日のお部屋』になります

PageTop

つながる建物~木もれ日のお部屋(ハ-25)〜

今回の繋がる、重なる建物は、1997年発売の、
木もれ日のお部屋
『木もれ日のお部屋(ハ-25)』です
 繋がる 木もれ日 1
サンルーム付きのおしゃれなお部屋です

繋がる パン屋 3 
一軒目は、1996年発売の『森のパン屋さん(ハ-23)』
サイズはぴったりです

繋がる 木もれ日 2 
二軒目は、は1996年発売の『赤い屋根のお家(ハ-24)』です
この組み合わせもサイズはぴったりです。

繋がる 木もれ日 3 
三軒目は1997年発売の『シルバニア森の学校(ハ-26)』です
同じ年の発売なので、重ねて使用することは最初から想定されていたのか、デザイン的にも違和感はあまりないかなぁ
繋がる 木もれ日 4 
上下を逆にするのは、バランス的にちょっと無理ですね

繋がる 木もれ日 5 
四軒目は、1998年発売の『森のマーケット(ハ-27)』です
後に発売された、『シルバニア森のカフェテラス』(木もれ日のお部屋の色違いの建物)が、マーケットの2階になっていたり、さらにその2セットの色違いが数パターン発売されているので、見慣れた感じがする組み合わせです
何年間も発売され続けている建物は、やっぱりデザインが優れているってことなのかな。

繋がる 木もれ日 6 
五軒目は、1999年発売の、『きいちご林のお家(ハ-30)』です
『きいちご林のお家』は、『赤い屋根のお家』と床の部分が同じ大きさなので、このお家もサイズぴったりですね
今回は同じ形の建物の写真は撮っていないのですが(大変だから)、色違いの建物はそのうちにまた、まとめて撮影する予定です。
コレクターさんほど種類を持ってはいないのですが、記録しておかないとわからなくなってきました…

繋がる 木もれ日 7 
六軒目は、2000年発売の『森のキッチン(ハ-31)』です
この組み合わせもサイズはぴったりです

繋がる 木もれ日 8
七軒目は、2001年発売の『森のケーキ屋さん(ミ-27)』です
この建物もぴったりサイズです
シルバニアで最初のケーキ屋さんかな…後のケーキ屋さんのピンクはここからきてる

繋がる 木もれ日 9
八軒目は、2006年発売の『森のおしゃれなケーキ屋さん(ミ-49)』です
横幅は合っていますが、
 繋がる 木もれ日 10
奥行は合っていません
デザイン的にもない組み合わせ…でしょうね。

繋がる 木もれ日 11 
九軒目は、2008年発売の『はじめてのシルバニアファミリー(DH‐03)』の、『森の小さなお家』です
ぴったりサイズかな、と思ったのですが、ちょっとだけ『森の小さなお家』の横幅が大きめなので、無理に押し込まない方がいいです
ひびが入りました…

繋がる 木もれ日 12 
十軒目は、2011年発売の『3階建てのおしゃれなお家(ハ‐45)』です
横幅は合っていますが、
繋がる 木もれ日 13 
少し奥行が合いません

繋がる 木もれ日 14 
十一軒目は、2012年発売の『ハンバーガーレストラン(UK Flair)』です
これも横幅が合っていて、
繋がる 木もれ日 15 
奥行が合わないタイプですね。
繋がる 木もれ日 16 
上下を逆にすると、こんな感じ
繋がる 木もれ日 17 
ちょっと危なそうですね

繋がる 木もれ日 18 
十二軒目は、2012年発売の『森のスーパーマーケット(ミ‐69)』です
横幅が一緒で、
繋がる 木もれ日 19
奥行が大きいタイプが続きますね…

 繋がる 木もれ日 20
十三軒目は、2012年発売の『カーポートのあるあこがれのお家(ハ‐46)』の、カーポート部分です
このカーポートは、ガーデンの一部にするとか、カーポートじゃない使い方がいろいろできそうなんだけど、カーポートだけでは売ってないからなぁ~
横幅は
繋がる 木もれ日 21 
奥行はこれくらい違いますけど、これは気にならない範囲ですね。

繋がる 木もれ日 22 
十四軒目は、2013年発売の『海辺のすてきなレストラン(ミ‐72)』です
繋がる 木もれ日 23 
横幅は合っていますが、奥行は違います

繋がる 木もれ日 24 
十五軒目は、2015年発売の『森の焼き立てパン屋さん(ミ‐80)』です
このパン屋さんは、新しい商品のわりには合わせた時に違和感が少ないと思ったら、色は白いけど板壁のデザインが一緒なんですね
繋がる 木もれ日 25 
横幅は同じで、奥行は違うタイプですが、ちょっと工夫すればなんとかなるかも。

繋がる 木もれ日 26 
ラスト十六軒目は、2016年発売の『こだわりパティシエのケーキ屋さん(ミ‐83)』です
ちょっと雰囲気は違うけれど、これも横幅は合っています。
繋がる 木もれ日 27
奥行も気になるほどには、違わないです

繋がる 木もれ日 28 
忘れるところでした…この建物は同じ建物同士でも重ねられるのですよね
集合住宅ぽくなりそう。

次回は、『シルバニア森の学校』です
もう少し、さくさくと更新したいなぁ~


PageTop

つながる建物~シルバニア森の学校(ハ-26)〜

今回の繋がる、重なる建物は、1997年発売の、
 シルバニア森の学校
『シルバニア森の学校(ハ-26)』の、本体です。
屋根やポーチ部分はセットしていません
繋がる 森の学校 1 
本体だけだと、とってもシンプル

繋がる パン屋 6 
一軒目は、1996年の『森のパン屋さん(ハ-23)』です
横幅は合っていますが奥行は結構出ます。
学校の建物の広さを活かして、本格的なパン作りの工程を再現したりするのも楽しいかも

繋がる 森の学校 2 
二軒目は、1996年発売の『赤い屋根のお家(ハ-24)』です
壁のつくり等は違いますが、サイズはぴったりです

繋がる 森の学校 3 
三軒目は、1997年発売の『木もれ日のお部屋(ハ-25)』です
学校として使うなら、この組み合わせもいいかな…、サイズはぴったり

繋がる 森の学校 4 
四軒目は、1999年発売の『きいちご林のお家(ハ-30)』です
この建物もサイズもぴったりだし、違和感も全然なし

繋がる 森の学校 5 
五軒目は、2001年発売の『森のケーキ屋さん(ミ-27)』です
この建物もサイズはぴったりです
雰囲気は違うけど…

繋がる 森の学校 6 
六軒目は、2006年発売の『森のおしゃれなケーキ屋さん(ミ-49)』です
横幅は合っているけど、
繋がる 森の学校 7
奥行は合いません

 繋がる 森の学校 8
七軒目は、2008年発売の『はじめてのシルバニアファミリー(DH-03)』『森の小さなお家』です
サイズはぴったりですね

繋がる 森の学校 9 
八軒目は、2011年発売の『3階建てのおしゃれなお家(ハ-45)』です
横幅は合っていますが、奥行は3センチくらいお家の方が出ています。

繋がる 森の学校 10 
九軒目は、2012年発売の『ハンバーガーレストラン(UK Flair)』です
この建物も横幅は合っていますが、奥行はハンバーガーレストランの方が4.5センチくらい出ています。

繋がる 森の学校 11 
十軒目は、2013年発売の『海辺のすてきなレストラン(ミ-72)』です
学校のドアや窓が白いので、意外と変じゃないかな
奥行は、学校の方が5センチくらい出ています。

繋がる 森の学校 14 
十一軒目は、2015年発売の『森の焼き立てパン屋さん(ミ-80)』です
この組み合わせも案外いいかも
横幅は合っていますが…
繋がる 森の学校 15 
奥行は合っていませんね
そして、やっぱり窓から煙が入ってきちゃうな~

繋がる 森の学校 16
ラスト、十二軒目は、2016年発売の『こだわりパティシエのケーキ屋さん』です
これは、2階のドアが開かなくなるので、ダメですね

今回は、撮影の途中で横からの写真を撮るのやめちゃったんですが、やっぱりあった方がいーかなぁ
ちょっと大変だけど、一度撮っておけばいつでも確認できるからなぁ…。

次回は、『森のマーケット』です

PageTop