シルバニ村♪開村計画!!

*おとぎの馬車*(F‐05)


今日ご紹介するのは1996年発売の、『おとぎの馬車』です
が、我が家では、確か復刻版を森のマーケットで購入したと思います
まだ売っていますよね。

箱は、たたんでとってあったと思うのですが、見当たらないので写真は商品のみです

おとぎの馬車 1 
左側面 扉はちゃんと開きます
おとぎの馬車 2 
正面 座席から正面は見えないんですねぇ。
おとぎの馬車 3 
そして、右側面 前輪と後輪の大きさが違うんですねぇ
おとぎの馬車 4 
後ろ
おとぎの馬車 5 
真上から 葉の上にかぼちゃがのってる感じですね
おとぎの馬車 6 
かぼちゃだけでなく、葉や花も取り入れてデザインしてある感じで、とっても可愛いです
おとぎの馬車という名前ですが、ついついかぼちゃの馬車と呼んでしまいます(笑)

おとぎの馬車 8 
裏からも 車輪はちゃんとスムーズに動きます

おとぎの馬車 9 
あ、ウサギの赤ちゃん達が馬車に乗るようです
おとぎの馬車 10 
グレーネコちゃんが扉を開けてあげました…が、ステップはないので、赤ちゃんだけでは登れないですね
おとぎの馬車 11 
グレーネコちゃんが、1人ずつ乗せてあげます
おとぎの馬車 12 
ちょっと耳がギリギリかなぁ~
おとぎの馬車 13 
ちょっと、耳がきゅうくつだね
おとぎの馬車 14 
リスの赤ちゃんだと、このくらい余裕があります。
おとぎの馬車 15 
こんな感じになります
おとぎの馬車 16 
座席も可愛いです
おとぎの馬車 17
馬車、ということは本当は馬と御者が必要なんですが、このサイズだと御者も赤ちゃんになっちゃうし…(一応赤ちゃん1人なら座れます)
やっぱりおとぎの国なので、魔法で動いちゃうんでしょうね~

我が家にはポニーが1頭いることはいるんですが、シルバニ村にポニーはいない設定になると思うので、袋から出してはいないんですよねぇ。
この馬車と合わせたら大きさ的にどうなんでしょう。
翼をつけて、おとぎの国のペガサスにしましょうか…
関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)