シルバニ村♪開村計画!!

ふしぎの森のキノコ☆ストーリーカード

『ふしぎの森のキノコ』に付いているのは、ストーリーカードです
ストーリーカード ふしぎの森のキノコ 1
表紙の色は、グリーン…。

赤、緑、青、紫、ときてたから、勝手に七色揃うのではと、期待していたのですが、予想が外れちゃいました。
それじゃあ、どうしてこの色
お菓子の家
眠りの森のトマト、ふしぎの森のキノコ
ねがいの泉
おとぎの城
ああ、トマトとキノコが同じってことは、やっぱりジャンル別みたいなことにはなってそうですねぇ。
植物だから緑
ははは、どうでもいーか

ストーリーカード ふしぎの森のキノコ 2 
カードの仕組みは今までのと一緒です

ストーリーは…

シルバニア村の赤ちゃん達が、ひそひその森で、きれいな豆をひろいました。
赤ちゃん達は、その豆を森の奥に見つけた日の光の当る場所に植えて、そっと土をかけました。
「どんな芽がでてくるのかな
と、長い間見ていましたが、やがて冷たい雨が降ってきました。
はどんどん強くなっていきます。せっかく植えた豆が流されては大変と、赤ちゃん達は自分達がぬれるのもかまわずに、小さな手を重ねて、豆を植えたところに屋根を作ってあげました
その時です。豆を植えたところから、一本の芽が出て、ぐんぐん伸びていったのです
気がつくと、赤ちゃん達は豆の葉の上にのっています。
ふしぎの森のキノコ イメージ 
「こんなに大きな芽が出るなんて
でも、まわりを見回すと、となりには大きなキノコがあったのです。
「僕たちの方が小さくなっているんだよ」
いつのまにか親指くらいの大きさになっていた赤ちゃん達は、豆の木の葉をつたってキノコのお部屋の中に入っていきました。
雨にぬれる心配もないし、クルミのベッドもあります。
キノコの傘の下には野いちごが咲いていました。 
こうして赤ちゃん達は雨の間中、キノコのお部屋で遊んでいたのです

やがて雨が上がり、空に大きな虹がかかりました。
雨のしずくに太陽の光があたって、ひそひその森全体がキラキラ輝いています。
気がつくと、赤ちゃん達はもとの大きさに戻っていました。

心配してかけつけたお母さん達が、赤ちゃん達を抱き上げました
「雨にぬれていなくて、本当によかったわ。でも、どこで雨宿りしていたの
お母さん達は不思議そうです。
でも、赤ちゃん達は楽しそうに笑っているだけでした。

おしまい

体が小さくなるお話といえば、『ふしぎの国のアリス』を思い出しますが、親指くらいの大きさって聞くと、ああ『おやゆび姫』もあったなぁ~と、いろいろ思い返して懐かしくなりました

今回の『ふしぎの森のキノコ』と、次の『ジュースのふん水』と、『ケーキのくるま』は、写真だけ先にまとめ撮りしたのですが、
どんなイメージで撮ったんだか、ちゃんと覚えていなくて、1枚写真があまってしまいました。
いつか使えるかもしれませんが、お蔵入りになっても可哀相なので、載せちゃいます
ふしぎの森のキノコ トンネル 2
赤ちゃんなんだから、反対側の小さい入口から撮ればよかったな~
ブログを始める前はシルバニア写真を撮ることはなかったけど、シルバニア写真て、撮り始めるとかなり楽しいです
早く村づくりもしたいなぁ
関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)