シルバニ村♪開村計画!!

虹と雲のかんらん車☆ストーリーカード

『虹と雲のかんらん車』には、ミニ紙芝居かなぁと、思ったんですが、ストーリーカードでした
ストーリーカード 虹と雲のかんらん車 表紙 
表紙の色は青で、イラストも『天空のオアシス』のストーリーカードと同じです
ストーリーカード 虹と雲のかんらん車 中 
ものすごく細かいことをいうと…このイラストの観覧車の順番は実物とは違いますけれども…わた雲でできてる観覧車ですから、きっと妖精さんの魔法で、どんどん形が変わっちゃうような気がするので問題ありません

それでは、ストーリーのご紹介です

星のきれいな夜。イヌの赤ちゃんは出窓から夜空の星たちを眺めていました。
「わあ、あの大きな星と小さな星は、お母さんと赤ちゃんみたい」
ひそひその森の上にでた二つの星を見て、そんなことを思っていた時…。
ふいに小さな赤ちゃん星が、流れ星になってひそひその森へ落ちていったのです。
赤ちゃんは、さみしそうなお母さん星を見上げながら、
(赤ちゃん星は、ひそひその森で迷子になっているかもしれない。明日、探しに行ってあげよう)
と、思いました。

ところが、翌日はしとしと降る雨
ストーリーカード 虹と雲のかんらん車 1 
でも、イヌの赤ちゃんは星さんが心配だったので、レインコートを着て出かけました。
その話を聞いた他の赤ちゃん達も一緒になり、雨の中、みんなで星を探しながら、ひそひその森を歩いていたのですが…。

いつのまにか、まるで森全体が大きな虹の中に入ったように、七色に輝いています。
そして、雨でできた小さな池の底に沈んでいる、赤ちゃん星を見つけました。
「どうしよう、このままじゃ、空に帰してあげられない
赤ちゃん達がしょんぼりと肩をおとしていると…。
「だいじょうぶ。私たちにまかせて
可愛いらしい声が聞こえて、そこにいたのは、五人の妖精さん達
妖精さん達の手招きする方へ行ってみると、雲の間から、虹に浮かぶ雲の観覧車が見えました
ストーリーカード 虹と雲のかんらん車 2 
「これで、星さんを空に届けてあげる」
一人の妖精さんが、観覧車の白鳥の雲に、星を抱えて座りました。
ストーリーカード 虹と雲のかんらん車 3 
そして、もう一人の妖精さんが、ふわりと手をまわすと、観覧車が静かに回り始めたのです。
白鳥の雲がどんどん高いところまで上がっていきます
ストーリーカード 虹と雲のかんらん車 4 
赤ちゃんと妖精さん達は、それを見上げて、にっこりと笑いあいました。
虹が消えると、ひそひその森は元に戻り、赤ちゃん達は元気に帰っていきました。

その夜、ひそひその森の上には、お母さん星と赤ちゃん星が仲良くまたたいていました
「よかったね、星さん。ありがとう、妖精さん達
赤ちゃん達は、きらきら光る星を見上げながら、妖精さん達にお礼をいったのでした

おしまい

ストーリーカード 虹と雲のかんらん車 裏表紙 
今回の撮影の為に、久~しぶりにミシンをだして、レインコートを作りました
本当は、赤ちゃんがもっと沢山いて、色とりどりのレインコートを着ていれば、もっと可愛かったと思うのですが…
そういうわけで、赤ちゃんが一人なのでした

関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お久しぶりです!

ブックマークしているので頻繁にお邪魔して拝見しているのですが、コメントを書きかけても心の余裕が無かったからか投稿できないことが多く、久しぶりのコメントとなってしまいましたm(._.)m
最近のものから改めて読み、おとぎの国シリーズにひかれてきています!妖精さんも可愛いですね(^_^)
ここでコメントすることに決めたのは、ずばりレインコートです(*^_^*)すごい!欲しい!と単純に思いました。笑
これからも更新楽しみにしています♪また近いうちにコメントしまーす(^o^)

niko | URL | 2015/09/04 (Fri) 00:33 [編集]


nikoさんへ♪

お久しぶりです♪
ブックマーク&コメント、どうもありがとうございます(^^)
近いうちに記事にしますが、実はレインコート制作中にちょっとしたアクシデントがありました…(笑)
ので、そんなふうに褒めていただいて、とっても嬉しいですっe-415
おとぎシリーズも、そろそろ終わるので、次のマーケットシリーズに向けての準備や、その前に少し増えた初期ものや振り返り記事なども予定しておりますので、またお越しくださいませねe-466

ひろり~ず | URL | 2015/09/04 (Fri) 13:40 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)