シルバニ村♪開村計画!!

112*夢をかなえるマーケット(森のマーケット)

森のマーケット付属の森のおはなし
『夢をかなえるマーケット』です

森のおはなし 森マケ 1 
ストーリー

シルバニア村の森のマーケットは、いつの頃からか、
「マーケットに行けば、願いがかなう
って言われています。

イヌくんとケンカしたネズミちゃんは、ぷんぷん怒りながら森のマーケットに立ち寄ったのに、クマさんに言われておもちゃを見ているうちに、イヌくんと楽しく遊んでいたことばかり思いだし、仲直りしたくなりました。
その時、イヌくんがお店に入ってきて、二人は仲直りができました
森のおはなし 森マケ 2

ピアノの発表会が近くて心配で緊張していたネコちゃんがマーケットにやってきた時、クマさん
「よし、あさって、またおいで」
と言いました。
ネコちゃんが、約束通りにお店に行ってみると、ウィンドーに、まるで天使の羽でできたようなドレスがかかっていました。
それは、ネコちゃんが発表会で着るために、クマさんが仕立て屋さんに頼んだものだったのです。
「発表会でこのドレスをきてごらん、きっと、上手にひけるよ
と、クマさん。
「ありがとう、クマさん
発表会でネコちゃんは、自信をもって、素晴らしい演奏ができました。

シマリスさんが病気になって、シマリスくんとシマリスちゃんの元気がなかったときは、マーケットにきれいなお花がたくさん並びました。
「お父さんの好きなお花をいっぱい飾ってあげたら、はやく元気になるんじゃないかな」
クマさんに言われて、シマリスくんたちは、両手いっぱいの花を抱えて、お父さんのところに持って帰り、シマリスさんは間もなく元気になりました

パン屋のネコさんはマーケットに来てクマさんと話していると、新しいパンのアイディアがひらめくし、赤ちゃん広場でお世話係をしているアライグマさんは、ちょっと疲れた時に、マーケットのテラスで一休みします
森のおはなし 森マケ フォト

泣きやまない赤ちゃんも、マーケットのカートに乗せてお店をひとまわりすると、ごきげんになります

「お店で買い物をして、テラスでジュースを飲んでいると、魔法にかかったみたいに幸せな気分になれるわね」
と、村中の誰もが言っています。

でも、いつも村の仲間たちの事を考えてくれるクマさんの優しい気持ちが一番の魔法だという事を、みんなは知っています。
だから、楽しい気持ちになりたいとき、ほっとしたい時、村の仲間たちはマーケットにやってきます。
ここは、心のこもった品物で、夢をかなえてくれるマーケットなのです。

 おしまい

森のおはなし 森マケ 4 

森のおはなし 森マケ 5

素敵なマーケットなんですねぇ~村のみんなの事をよくわかっている村長さんならでは…ってことなんでしょうか…。
…でも、村長さんて、基本は村役場にいて、あとは村を歩き回ってるようなイメージだし、たまには隣町で会議なんかもあるとおもうんですよ。
だから、やっぱり我が家のシルバニ村では、この素敵な人柄はそのままに、村長さんに専念していただく予定です

…それにしても、ネコちゃんが発表会で着た天使の羽でできているようなドレス…見てみたいなぁ
関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)