シルバニ村♪開村計画!!

14*シマリスのお母さん

14*お母さんのかくれんぼ(お母さん)

森のおはなしシマリス母 

ある日、シマリスの赤ちゃんとお母さんは、
お家の中でかくれんぼをして遊んでいました。
赤ちゃんはかくれんぼが大好き
赤ちゃんはどこに隠れても、しっぽが丸見えなのですが、
お母さんは、しばらく探すふりをしてから、
「あ、赤ちゃん、やっと見つけた!」
と、抱き上げてくれるのです。

さあ、次はお母さんが隠れる番です。 
お母さんは、そうっと洋服ダンスの中に入りました。
「もう いいかい
赤ちゃんの可愛い声がして、パタパタと探し回る音がします…
しばらくして、赤ちゃんはお母さんが見つからないので、
お庭に出ました。
ちょうど、学校帰りのシマリス君とシマリスちゃんに、
「どうしたの」と、聞かれたので、
「お母さん、いないの」と、こたえました。

シマリス君とシマリスちゃんは、きっと赤ちゃんが
お昼寝をしている間にお母さんが出掛けてしまったのだと思いました。
「おいで、一緒に探そう」 3人は、歩き出しました。

イヌのお父さんや、アイボリーウサギとクマのお母さんに会ったので、
訳を話すとみんなも手分けしてお母さんを探してくれました。

お父さんのいる森のレストランにも行きましたが、
やっぱりお母さんはいません。
お母さんがいなくなった事を話すと、
お父さんも首を傾げてしまいました。

クマのお父さんもやって来て、みんなでわいわいがやがや…。
シマリスさんは、子ども達を連れて一度、お家に帰ることにしました。
みんなも心配して付いて来ました。

…その頃、シマリスさんのお家の洋服ダンスの中で、
お母さんがはっと目を覚ましました。
待ちくたびれて、ちょっと、ウトウトしてしまったのです。
なんだか、ざわざわ話し声がします。
「なにかしら
洋服ダンスの扉を開けて、お母さんはびっくり
村中の仲間達が居るではありませんか。

集まっていたみんなも、洋服ダンスから出てきた
お母さんを見てびっくり

「あ、お母さん、みっけ
赤ちゃんが嬉しそうに言いました。


洋服ダンスの中と言えば、『ナルニア国物語のライオンと魔女』を
思い出してしまいます…子どものときから大好きな一冊

それにしても…シマリスのお母さん、きっとお疲れだったのでしょうね…(笑)

関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)