シルバニ村♪開村計画!!

18*シマリスの双子の赤ちゃん

お父さんの子守

森のおはなしシマリス双子ちゃん 

ある日、シマリス一家のお母さんと子ども達は、
お弁当を持ってどんぐり山へ出掛けました。
双子の赤ちゃんは、まだ小さいのでお父さんとお留守番です。

お母さんは心配そうでしたが、
「双子のお世話なら大丈夫、ゆっくり行っておいで
と、お父さんはみんなを送り出しました。

シマリスのお父さんは、レストランのシェフなので、双子ちゃんの
食事の用意はおてのもの。
特製スープを作ると、赤ちゃん達はたくさん食べました。

おなか一杯になった赤ちゃん達は、お昼寝も順調
お昼寝後のお風呂タイムは、ハーブ風呂に…と、思ったら、
スープ用のブーケガルニを入れちゃうという、ちょっとしたハプニングがありましたが、
赤ちゃん達は気持ち良さそうだったので、大丈夫

ところが、お風呂から上がって、ご機嫌な赤ちゃん達が、
突然いっぺんに泣き出しました
抱いてもあやしても、泣き止みません
おなかでも痛いのかなと、薬草から作った薬を飲ませたり
お腹を暖めたりしてみましたが、だめです。

途方にくれたお父さんは、最後の手を使いました、
「いたいの いたいの 飛んでいけ
すると、赤ちゃん達はふいに泣き止みました

夕方、お母さん達が帰ってきたときには、
双子の赤ちゃんは機嫌よく遊んでいました
「赤ちゃん達のお世話は、どうだった
と、お母さんに聞かれて、
「うん。特製スープも作ってあげたし、ハーブのお風呂にも入れた。
お腹が痛いって泣いていたから、薬も飲ませたよ」
「まあ、さすが。お父さんに任せておけば大丈夫ね
「まあね。」と、お父さん。
本当のことは絶対に話さないつもりです。


今日は、イメージ写真は撮れませんでした
シマリスのお父さんは、今で言う、イクメンなんですねぇ

今日は、ちょっと木の多い場所を通ったので、
今後のシルバニ村づくりの参考に、と思い木々の写真を撮ってきました
まだ、枝ばかりで寒々とした感じなので、載せませんが、
また葉が茂った頃に行ってみるつもりです
桜もあったかも



関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)