シルバニ村♪開村計画!!

104 ♪赤ちゃんのあまやどり(赤ちゃん広場の大きな樹のお家)

赤ちゃん広場の大きな樹のお家付属の森のおはなし
『赤ちゃんのあまやどり』

大きな樹のお家 おはなし1 

ストーリー

赤ちゃん広場は、シルバニア村の赤ちゃん達の大好きな遊び場です。
特に、みんなの大好きなアライグマさんが赤ちゃん広場の
お世話係になってからは、赤ちゃん達は、
朝、目が覚めるとすぐに赤ちゃん広場に行きたがります

でも、雨の日は赤ちゃん広場には行けません
大きな樹のお家 おはなし2
雨の日は、シルバニア村の赤ちゃんは、みんなしょんぼりしていました。
「なにか、いい方法はないかな
と、大人たちも考えていました。

ある日、赤ちゃん広場でアライグマさんと赤ちゃん達が遊んでいると、
雨が降ってきました
アライグマさんは、雨宿りできる場所を探しました。

ちょうど、赤ちゃん広場の真ん中に枯れた大木があります。
何年も前に雷が落ちて枯れてしまった木で、
中はすっかり空洞になっていました。
木の割れ目から中に入ると、木の中は広くてお部屋のようです
雨も入ってきません。 
赤ちゃん達も、すぐこのお部屋が気に入ってしまいました。
大きな樹のお家 おはなし3
その様子を見て、アライグマさんは良いことを考えつきました
この木を改造して、赤ちゃん達が遊べるお家を作るのです。
村の仲間達に相談すると、仲間達も大賛成
さっそく、みんなでお家を作り始めました
子ども達もお手伝いです。

こうして、赤ちゃん広場に大きな樹のお家が出来上がりました。
お家には、アスレチックや滑車小屋があって、赤ちゃん達は大喜び
雨の日は、お家の中で遊べます

学校が終わると子ども達もやって来て、一緒に遊んでいます
赤ちゃん広場からは、一日中かわいい笑い声が響いていて、
シルバニア村にこだましているのです。

大きな樹のお家 おはなし4 

おしまい

大きな樹のお家は、枯れてしまった大木からできていたのですねぇ。
なんでも作ってしまうシルバニアのみんなは、本当にすごいです
関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)