シルバニ村♪開村計画!!

59*ネズミ(白耳)のお母さん

お母さんは、きれい好き

森のおはなし ネズミ(白耳) 母 

森のおはなし ネズミ(白耳) 奥付 

シルバニア村の、赤い屋根のお家から、楽しそうな歌声が聞こえてきます。
歌っているのは、ネズミのお母さん お掃除の真っ最中です。
ほうきで部屋の隈から隅まで掃いて、床はモップで拭いて、
窓もテーブルも置物も、丁寧に磨きます

楽しそうに歌いながら、まるでダンスのようにクルクル回って、
お家の中は、みるみる綺麗になっていきます。

そして、家族の写真は暖炉の上に。刺繍したクロスは、テーブルの真ん中に。
ソファーの上には、20センチ間隔でクッションを並べます。
お掃除が終わると、ネズミさんは部屋の中を見回して
満足そうにニッコリしました。

「ああ、やっと綺麗になったわ」
ネズミのお母さんは、大の綺麗好き
お家の中はいつでもきちんと整理整頓されて、ピカピカなのです。
その時、子ども達が元気よく駆け込んできました。
「ただいまぁ」
体中水浸しそのうえ、どろんこです。
「せせらぎ川で、ダムを作っていたんだよ」
「早く、お風呂に入ってらっしゃい」

床が、すっかりどろだらけになって、しまいました
そこへ、お父さんが帰ってきました。
お父さんは、一日中粉をひいて、体中粉だらけです。

「お帰りなさい
子ども達が、お父さんに飛びつくと、粉が雪のように飛び散りました。

やがて、お昼寝していた赤ちゃんも目を覚まして
みんなで楽しいおやつタイムです。
…が、赤ちゃんがミルクをこぼしたり
せっかく綺麗にした部屋は、ちらかり放題です。

「まあまあ、せっかく綺麗にしたのに…。またお掃除しなきゃ。」
ネズミさんは、ほうきを手に取り、お掃除を始めました。

そんな、ある日、村の子ども達だけで、キャンプに行く事になりました。
ちょうどその日は、粉屋さんもお休みで、
お父さんはネコさんの家にチェスをしに行きました。
赤ちゃんは、お弁当を持って、赤ちゃん広場に行って、
夕方まで帰ってきません。

ネズミさんは、いつものように、隈から隈まで綺麗にお掃除すると、
ホッと、一息つきました
「綺麗な部屋で飲む紅茶は美味しいわ
今日は、子ども達が部屋を汚す事もありません。
のんびりできるはずなのに、きちんと片付いた部屋にじっとしているうちに、
なぜだか、落ち着かなくなってしまいました

仕方なく、部屋のなかをうろうろ歩き回っては、
また座ったり、立って歩いたり…。
そして、ついに我慢できなくなって、庭に飛び出し、
靴を泥だらけにすると、そのまま家の中に入りました

床はどろんこの足跡だらけ
それから、クッションを放り投げ、あちらこちらにパンくずを落とし、
ミルクまでこぼしました
そして、めちゃめちゃになった部屋を見わたして
「やっぱり、こうでなくちゃ!! さっ、お掃除しましょ
と言うと、嬉しそうにお掃除を始めたのでした。

おしまい

こんなお母さんが、我が家にも居てくれたら…
お掃除の心配はなくなるのになぁ~


《こちらに載せているお話は、原文とは異なり、内容をご紹介するものです》

関連記事

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ネズミさん 私の部屋も片付けてー!

なんとも可愛らしいお話です♪

ゆき | URL | 2013/07/02 (Tue) 22:39 [編集]


♪ゆきさんへ

ネズミさん、ホントにすごいですよね~
私も弟子入りしなくちゃe-251(笑)

ひろり~ず | URL | 2013/07/03 (Wed) 19:02 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)